おすすめの映画/好きな映画

映画が好きです。

昔の映画館のおはなし

約30年前の映画館事情

 何歳の頃だったの忘れてしまったのですが、とぎれとぎれで映画館で働かせてもらっていた時期がありました。今のシネコンなどは常時アルバイトを募集しているのかもしれませんが、当時の映画館のスタッフは映画ファンに大人気の仕事で、コネがないとアルバイトできなかったんですよね。さらに時給が激安でしたからお金目当ての人も少なかったの。

 募集もしてないのに、「アルバイトとして雇ってもらえませんか?」と電話がかかってくるくらい映画ファンにとっては人気のアルバイトでした。さらに映画館のほうもプライドを持ってますから、「アルバイトの問い合わせで時給を聞いてくるような人は雇わない。」とか身内には言ってましたからね。私は心の中で「いや、バイトするなら普通は時給くらい聞くだろ…」と心の中でつぶやいてました。

映画ファンに魅力のフリーパス

 そんな状態でもなぜ映画館のバイトがそんなに人気だったかというと、細かいことは忘れたんですけど、当時はシネコンなどは存在せず、まだまだ単館がけっこうな数、存在していた時代で単館が「興行組合」みたいなのを結成してたんですね。

 そして、細かい決まりは忘れたのですが基準をクリアすれば、興行組合に入っている映画館ならどこでも無料で入れるフリーパスを発行してもらえてたの。ほら、映画ファンて同じ映画を何回も見にいったいるするでしょ?だから、そのフリーパスがもらえればとても節約になったわけです。

 

女なのにピンク映画館でも働いたよ

 そして、フリーパスほしさに「ピンク映画」の映画館でも働きました。今で言うならAVみたいなものなのかもしれませんが、日活ロマンポルノなんかは映画としても、すごく完成度の高い作品もありますから、私の中では日活ロマンポルノとAVは違うくくりです。

 で、少しだけおもしろエピソードを書いておこうかな。あの頃はまだDVDすらもない時代でビデオデッキも持っていない学生もけっこういたんじゃないかな?それで、若い学生風のお兄さんが割引券2枚を持って、恥ずかしいのをこらえて頑張ってピンク映画館に見に来てくれたの。

 だけど、それはどちらか一枚しか使えない割引券で、そのように伝えたら、なんと彼はギリギリのお金しか持っていなく2枚の割引券が使えないと入場券を変えない状態だったのよ。昔の貧乏学生らしいエピソードよね。だから支配人に「可愛そうだからお金が足りなくても入れてあげましょうよ。」とお願して入ってもらったんだけど、その時、その学生さんは顔を真っ赤にして恥ずかしがっていて、あらまぁ純情な若者だこと…と、少し驚きました。よほど勇気を振り絞って来てくれたのね…と。

 あと、なんて呼べばいいんだろ?コンドームお姉さん?みたいな人もちょいちょい来てました。女性の常連のお客さんなのですが、どうも館内の男性に声を掛けているらしく、時々「ちょっと、コンドーム買ってくるね。」とスタッフの私に一声掛けて外に買い物に行って、館にもどってくる女性でした。館内で何をしていたのかは知らないし、知ろうとも思わなかったのですが、こんなことかな?あんなことかな?と想像くらいはしてみましが、やっぱりよく分からないので考えるをやめました。

 あとは、私が出勤じゃない日に、ホームレスさんぽい身なりの方が発券窓口のとこでう◯こ漏らしちゃって、お掃除が大変だったというお話もありましたね。これは鉄道会社の時も書いたけど、公共の場でもらす人ってけっこういるのよ。正確にいうと、もらしたものをちょっと落とす?こぼす?人ね。まあ、あれの掃除はとにかく大変。

 

今の映画館と昔の映画館の違い

 最近のシネコンは、「映像と音」が、機材の悪い昔の映画館とは比べ物にならないほど良くなってますね。あとシートも昔の狭くて硬いのが減って良いシートが増えてますね。

 昔の映画館ってよほど意識の高い映画館でなければ、薄暗くて薄汚いところも多かったんですよね。あともぎりの人も愛想が悪かったりね。でも上で書いたように、もぎりは映画ファンがやってることが多かったから無愛想でも映画が好きなんだろうなーっていう人が多かったし、実際に話してみると、やはり映画の話が止まらなくなる人もいましたね。

 今は映画館では静かに、ってのが当たり前ですけど、昔は「寅さん」とかに限っては、中高年の人達の娯楽の場で手作りの弁当なんかを持ち込んで、花見気分でぺちゃくちゃおしゃべりしながら見てもOKな雰囲気がありました。

 さらに、週末のロッキー・ホラー・ショーとかだと、ノリのいい人が集まったり、もうそれ用のキャストを映画館側が用意してたりして、紙吹雪がとんだりライスシャワーが飛んだり、皆で席を立って踊ったりでバカ騒ぎでした。

 

 日本の映画館でも、最終日?だったかな?とかは、こんな感じでロビーは仮装のお客で溢れて、みな楽しみ方の分かっている人達だから、踊る場面になったら立ち上がって踊るんですよね。日本の映画館でも、こんな馬鹿騒ぎをやってたのよ。

 イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で描かれているように昔の映画館はみんなで一緒に笑ったり泣いたりする一体感も楽しかったのよね。だから、時々ネットで映画館に「厳格な修道院のような静けさ」を求める人達を見かけて、少し驚いています。見知らぬ人との交流を極端に警戒する現代人達が合理化されたシネコンに集う現代では、映画はみんなで楽しむもので、映画館は映画好きの人達が交流する社交場という発想はなくなったんだなと、寂しい気持ちになったりします。

 ロッキー・ホラー・ショーの残念なところは、紙吹雪などで散らかり、上映後の掃除が大変なので映画館が上映したがらないということ。私が日本で見た、最後のロッキー・ホラー・ショーは、私自身も「10人くらいの掃除部隊を連れてきますので、お願いですから上映してください。」とお願しましたし、そのような要望が、複数人から何年にも渡ってあがっていたことから、上演が実現されました。

 

 あ、ついでにシドニーの映画館でもロッキー・ホラー・ショーは見ました。当然、上の画像のような盛り上がり方でした。しかもレイトショーに(女)1人で行きましたが、何も怖いことは起こりませんでしたね。

 シドニーでも治安のいい地域でしたし、みんな馬鹿騒ぎをするのに夢中で、犯罪を起こす暇なんてなかったのかも(笑)ロッキー・ホラー・ショーで馬鹿騒ぎをさせてくれる奇特な映画館って、日本にもまだあるのかしら?

 

 以上、今、思いついた昔の映画館事情を少しだけ書いてみました。

 

P.S.

 ところで、25年くらい前?かな、キリスト教徒の村にイスラム教徒の軍隊が攻めてきて、キリスト教の男たちが次々にひどい拷問にあい殺されていく中、イスラム教徒の牧師(?)と妊娠した女性たちが逃げ回って、最終的には…みたいな映画をご存知の方はいませんか?言語が何だったすらも忘れたのですが、邦題は「約束の大地」だったような気がするのですが、ネットで調べても出てきません。

 おそらく、もう日本での上映権はとっくに切れていると思うのですが、気になって仕方ないので詳しい情報をお持ちの方は教えてください。

【再追記】

A.映画好きだった友達があ探して見つけてくれました。

おそらくですが「略奪の大地」という映画だと思います。

ネット配信はされていないので、いずれDVDで買ってみたいとおもいます。