おすすめの映画/好きな映画

映画が好きです。

私自身について-性格・考え方

生きていてごめんなさいの感覚

「私なんかが、生きていてごめんなさい。」 どれだけの人がこの感覚を持って生きているのだろうか?思い出してみると、私はおそらく25歳をすぎたあたりから、この感覚を強く感じるようになった気がする。ここのところ、その理由をずっと考えている。 思い当…

常識がないコンプレクスについての愚痴

前回の記事で「失礼だ」「そんなことも分からないのか」がきたので、これについて説明しておこう。もう、これは言われすぎて涙も枯れたやつだが、未だに泣けてくるくらいのコンプレクスだ。私を責める人の常套句は「失礼だ。」「常識がない。」だからだ。 ま…

普通の人になりたいコンプレックス

私ね、子どもの頃から自分が変人だと思っていて、今考えれば育児放棄だったから極端に社会常識がないとか、固定観念を知らないとか、ADHDの気質があるとか、そういうことが原因だったと思うんですけどね。 大学くらいになって、やっと大学や職場で常識的な人…

私が結婚を断固拒否していた本当の理由

上記の記事で書いた通り、私は「結婚」というものを心から嫌っており、「独身主義」を公言していた。私がそこまで結婚を嫌がるようになったのには理由がある。今回は、その理由を書いてみようと思う。 私が好きな男性と結婚しなかった理由 結論からいうと ・…