おすすめの映画/好きな映画

映画が好きです。

私の好きな予告編

どっかの増田で、予告編は時間の無駄だからいらなくネ?みたいなのを読んだのだけど、私の記憶だと、「本編より予告編のほうが出来がいいこともあるよ。」って、ブコメしたと思います。

 私の中では、予告編も一つの作品として存在しているので、今回は私がパッと思い出せる予告編をまとめてみました。もしよかったら、あなたの好きな予告編作品も教えてください!

 

本編も予告編もすごい映画の予告編

◆サンタ・サングレ

 アレハンドロ・ホドロフスキーの映画は予告編もほぼ完璧なことが多いですね。エル・トポの予告編も探したのですが見つかりませんでした。わりと全体からまんべんなくカットを集めてきて編集しているのに、全くネタバレしそうにない編集、予告編だけで一つのショートムービーの様は流れと映像なのがすごいですね。

 

ワイルド・アット・ハート

ワイルド・アット・ハートの予告編も、一つの作品として完成されてるなと思ってます。魅力的なカットを結構なスピード感でリズムよく編集している上に、音楽も映像にぴったりなのを選んで乗せてあるから、この予告編もショートムービーとしても成立するくらいクオリティが高いと思っています。

 

タンデム

タンデムはフランスの映画なのですが、こちらも予告編だけで一つのドラマが出来上がっていて、でもネタバレはしていないという編集のセンスの良さが好きです。私は、この予告編で流れている歌が好きで、本編でも出てくるのかと思ったら、確か、本編では流れなかったような気がしますー。えーあの曲好きなのにぃいいい!ケチーー!って思ったのを覚えています。

 

◆ザクロの色

パラジャーノフの映画は映像美がすごいので、予告編も映像がすごいのは当たり前なのですが、予告編は色んな構図の映像をバランスよく配置していて、やはり予告編単体で一つの映像作品として見られるくらいのクオリティです。

 

汚れた血

汚れた血の予告編は、この疾走感が良いですね。あんまり本編をうまく紹介できているとは思えませんが、これも、ショートムービー的に見ると一つの作品として成立しそうだし、本編を見てみたいなーって思わせる良作だと思います。ただ、日本での予告編がこれだったかは覚えてないです。もっと、日本版の予告編はもっと静かで落ち着いた感じだったような気もしないでもないけど、完全に忘れてしまいました。ジュリエット・ビノシュが走ってたのは覚えてるんですけど、どうだったかな?

 

バグダッド・カフェ

これは、公開当初の予告編ではないのですが、私が見たのもこんな感じの予告編だったと思います。映画の中でも映像の美しいシーンや人間味のにじみ出たシーンを多様していて、そのシーンの選び方が好きです。きちんとあらすじの各シーンを見せているにもかかわらず、ネタバレ感がないのも良いですね。

 

田園に死す

この予告編もシーンの切り取り方が好きです。あまり出来の良いシーンばかりをつなげて予告編を作ると、本編を見た時にいいシーンは全部予告編で見ちゃってるじゃん…ていうがっかり感があったりするのですが、田園に死すの予告編は、面白い映画だよということを伝えつつ、面白いシーンを出し惜しみしてる感じがすごくいいです。

 

 ◆書をすてよ街へ出よう

書を捨てよ街へ出ようの予告編も見たことあって、すごく印象に残ってるんですけど、見つけることが出来ませんでした。

 

恋する惑星

もー恋する惑星の予告編はめちゃくちゃポップでかわいいし、ミュージックビデオみたいなテンポと見やすさがすごく好きだったのよね。てか、金城武トニー・レオンも若いねー。今のほうが好きだけど。

 

◆ピアノレッスン

 

 

本編より予告編が勝ってしまったと思う映画

邦題:柔らかい殻(The Reflecting Skin)

柔らかい殻は予告編が面白すぎて、本編で何だよーって思ってしまいました。いや、本編もいいんですよ。だけど、予告編でイメージが膨らみすぎて、本編がその期待以上のものでなかったのでがっかりしただけ。予告編を上手く作りすぎると、本編への期待値が高くなりすぎる典型例だと思いました。

 

本編がすごすぎて自動的に予告編もすごくなった例

 予告編の作り自体は、大したことないんだけど本編が素晴らしすぎるため、本編を切り貼りしただけで「見たい!」と思わせる予告編になってしまった例です。

◆洗浄のメリークリスマス

戦メリは私の中では好きな日本映画ベスト10に入るくらい好きな映画ですが、もう、戦メリは全てが面白すぎて、どこを切り取っても面白いからそれをつなげたら、面白い予告編になっちゃった、っていう印象です。

 

ブラック・レイン

ブラックレインも、戦メリと同様にどこを切り取っても面白い映画だから、どうやってもいい予告編になっちゃう印象。ただ松田優作の狂気に満ちた顔つき、ガッツ石松がイキっているシーン、若山富三郎の貫禄のあるシーン、それだけで、予告編がすごく締まって見えますね。それが大好きなんです!

 

予告編は国によって編集が違う

 映画の予告編て、国によって編集が違って、全く違うものだったりするんですよね。予告編好きの人は色んな国の映画を見比べて見ると楽しいかも。

 あと、ポスターやチラシも国によって、あるいは同じ国内でも(最公開など)上映した時期でデザインが全く違ったりします。そういうのも見るのが楽しいですね。

 

最近はネットで古い映画の予告版まで見られるので、ホントに幸せ。ただ、日本語で検索してもほとんど出てこなかったので、

「好きな作品名+Trailer」と英語で入力して探すことをおすすめします。

 

もしよければ、あなたが好きな予告編を教えていただけませんか?

 

追記

みんなが教えてくれたのを見るのが、めちゃたのしい…

 

昔の映画館のおはなし

約30年前の映画館事情

 何歳の頃だったの忘れてしまったのですが、とぎれとぎれで映画館で働かせてもらっていた時期がありました。今のシネコンなどは常時アルバイトを募集しているのかもしれませんが、当時の映画館のスタッフは映画ファンに大人気の仕事で、コネがないとアルバイトできなかったんですよね。さらに時給が激安でしたからお金目当ての人も少なかったの。

 募集もしてないのに、「アルバイトとして雇ってもらえませんか?」と電話がかかってくるくらい映画ファンにとっては人気のアルバイトでした。さらに映画館のほうもプライドを持ってますから、「アルバイトの問い合わせで時給を聞いてくるような人は雇わない。」とか身内には言ってましたからね。私は心の中で「いや、バイトするなら普通は時給くらい聞くだろ…」と心の中でつぶやいてました。

映画ファンに魅力のフリーパス

 そんな状態でもなぜ映画館のバイトがそんなに人気だったかというと、細かいことは忘れたんですけど、当時はシネコンなどは存在せず、まだまだ単館がけっこうな数、存在していた時代で単館が「興行組合」みたいなのを結成してたんですね。

 そして、細かい決まりは忘れたのですが基準をクリアすれば、興行組合に入っている映画館ならどこでも無料で入れるフリーパスを発行してもらえてたの。ほら、映画ファンて同じ映画を何回も見にいったいるするでしょ?だから、そのフリーパスがもらえればとても節約になったわけです。

 

女なのにピンク映画館でも働いたよ

 そして、フリーパスほしさに「ピンク映画」の映画館でも働きました。今で言うならAVみたいなものなのかもしれませんが、日活ロマンポルノなんかは映画としても、すごく完成度の高い作品もありますから、私の中では日活ロマンポルノとAVは違うくくりです。

 で、少しだけおもしろエピソードを書いておこうかな。あの頃はまだDVDすらもない時代でビデオデッキも持っていない学生もけっこういたんじゃないかな?それで、若い学生風のお兄さんが割引券2枚を持って、恥ずかしいのをこらえて頑張ってピンク映画館に見に来てくれたの。

 だけど、それはどちらか一枚しか使えない割引券で、そのように伝えたら、なんと彼はギリギリのお金しか持っていなく2枚の割引券が使えないと入場券を変えない状態だったのよ。昔の貧乏学生らしいエピソードよね。だから支配人に「可愛そうだからお金が足りなくても入れてあげましょうよ。」とお願して入ってもらったんだけど、その時、その学生さんは顔を真っ赤にして恥ずかしがっていて、あらまぁ純情な若者だこと…と、少し驚きました。よほど勇気を振り絞って来てくれたのね…と。

 あと、なんて呼べばいいんだろ?コンドームお姉さん?みたいな人もちょいちょい来てました。女性の常連のお客さんなのですが、どうも館内の男性に声を掛けているらしく、時々「ちょっと、コンドーム買ってくるね。」とスタッフの私に一声掛けて外に買い物に行って、館にもどってくる女性でした。館内で何をしていたのかは知らないし、知ろうとも思わなかったのですが、こんなことかな?あんなことかな?と想像くらいはしてみましが、やっぱりよく分からないので考えるをやめました。

 あとは、私が出勤じゃない日に、ホームレスさんぽい身なりの方が発券窓口のとこでう◯こ漏らしちゃって、お掃除が大変だったというお話もありましたね。これは鉄道会社の時も書いたけど、公共の場でもらす人ってけっこういるのよ。正確にいうと、もらしたものをちょっと落とす?こぼす?人ね。まあ、あれの掃除はとにかく大変。

 

今の映画館と昔の映画館の違い

 最近のシネコンは、「映像と音」が、機材の悪い昔の映画館とは比べ物にならないほど良くなってますね。あとシートも昔の狭くて硬いのが減って良いシートが増えてますね。

 昔の映画館ってよほど意識の高い映画館でなければ、薄暗くて薄汚いところも多かったんですよね。あともぎりの人も愛想が悪かったりね。でも上で書いたように、もぎりは映画ファンがやってることが多かったから無愛想でも映画が好きなんだろうなーっていう人が多かったし、実際に話してみると、やはり映画の話が止まらなくなる人もいましたね。

 今は映画館では静かに、ってのが当たり前ですけど、昔は「寅さん」とかに限っては、中高年の人達の娯楽の場で手作りの弁当なんかを持ち込んで、花見気分でぺちゃくちゃおしゃべりしながら見てもOKな雰囲気がありました。

 さらに、週末のロッキー・ホラー・ショーとかだと、ノリのいい人が集まったり、もうそれ用のキャストを映画館側が用意してたりして、紙吹雪がとんだりライスシャワーが飛んだり、皆で席を立って踊ったりでバカ騒ぎでした。

 

 日本の映画館でも、最終日?だったかな?とかは、こんな感じでロビーは仮装のお客で溢れて、みな楽しみ方の分かっている人達だから、踊る場面になったら立ち上がって踊るんですよね。日本の映画館でも、こんな馬鹿騒ぎをやってたのよ。

 イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で描かれているように昔の映画館はみんなで一緒に笑ったり泣いたりする一体感も楽しかったのよね。だから、時々ネットで映画館に「厳格な修道院のような静けさ」を求める人達を見かけて、少し驚いています。見知らぬ人との交流を極端に警戒する現代人達が合理化されたシネコンに集う現代では、映画はみんなで楽しむもので、映画館は映画好きの人達が交流する社交場という発想はなくなったんだなと、寂しい気持ちになったりします。

 ロッキー・ホラー・ショーの残念なところは、紙吹雪などで散らかり、上映後の掃除が大変なので映画館が上映したがらないということ。私が日本で見た、最後のロッキー・ホラー・ショーは、私自身も「10人くらいの掃除部隊を連れてきますので、お願いですから上映してください。」とお願しましたし、そのような要望が、複数人から何年にも渡ってあがっていたことから、上演が実現されました。

 

 あ、ついでにシドニーの映画館でもロッキー・ホラー・ショーは見ました。当然、上の画像のような盛り上がり方でした。しかもレイトショーに(女)1人で行きましたが、何も怖いことは起こりませんでしたね。

 シドニーでも治安のいい地域でしたし、みんな馬鹿騒ぎをするのに夢中で、犯罪を起こす暇なんてなかったのかも(笑)ロッキー・ホラー・ショーで馬鹿騒ぎをさせてくれる奇特な映画館って、日本にもまだあるのかしら?

 

 以上、今、思いついた昔の映画館事情を少しだけ書いてみました。

 

P.S.

 ところで、25年くらい前?かな、キリスト教徒の村にイスラム教徒の軍隊が攻めてきて、キリスト教の男たちが次々にひどい拷問にあい殺されていく中、イスラム教徒の牧師(?)と妊娠した女性たちが逃げ回って、最終的には…みたいな映画をご存知の方はいませんか?言語が何だったすらも忘れたのですが、邦題は「約束の大地」だったような気がするのですが、ネットで調べても出てきません。

 おそらく、もう日本での上映権はとっくに切れていると思うのですが、気になって仕方ないので詳しい情報をお持ちの方は教えてください。

悩んでること別■おすすめ映画

■心理系
es(エス)
CUBE(キューブ)

■精神病系
カッコーの巣の上で


■死生観
豚のいる教室


■マザコン系
田園に死す(寺山修司)
サンタ・サングレ
ギルバート・グレイプ
サイコ

■愛情系
ニュー・シネマ・パラダイス(完全オリジナル版がすき。)
シャイン(オーストラリア)
プリシラ

■親の愛系
楢山節考
ライフ・イズ・ビューティフル
愛と精霊の家

■女が女を嫉妬する系
マレーナ


■人としての誇り系
トーチソング・トリロジー
ロード・オブ・ザ・リング
生きる(黒澤明)
七人の侍
影武者
善き人のためのソナタ

■思想哲学系
エル・トポ
セブン・イヤーズ・イン・チベット

■常識にとらわれている人系
海の上のピアニスト

■情熱的な恋愛系
ブエノスアイレス
ポンヌフの恋人
汚れた血

■女の命を燃やす系
ミリオンダラー・ベイビー
ベティー・ブルー
テルマ・アンド・ルイーズ

■映画なのに絵画みたい系
ざくろの色(パラジャーノフ監督)

■戦争ってなんだ?系
シンドラーのリスト
(戦争は最高の消費だ!と、シンドラーが喜ぶシーンが忘れられないです。)


■好きなことって、命より大切なのよ系
アキレスと亀
グラン・ブルー

 

■人生の複雑さ
覇王別姫ーさらばわが愛
ラストエンペラー
牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

■大学の勉強しかしたことのない人系
モーター・サイクル・ダイアリーズ
(チェ・ゲバラの若いころの南米旅行の物語。机上での勉強はできたかもしれませんが、実体験が伴っていな自分に気づいて、実体験を得るための旅にでたのでしょうね。そして振り切って革命家になっちゃったのがチェ・ゲバラ。まあ、南米の貧富の差は普通じゃなかったんだろうから仕方なかったのかもしれませんね。)

 

好きな映画を思い出し始めたら止まらなくなるので、この辺でやめておきます。